【レビュー】I-O DATA ゲーミング240Hzモニター GigaCrysta EX-LDGC251UTBはFPSに超最適【R6Sダイヤ余裕】




どうも、IG(@T1rrssrs)です。

ゲーマーの皆さんは240Hzモニターでプレイしていますか?

 

今のゲーマーの主流は240Hzモニターなので、60Hzや144Hzモニターでプレイしていると、実力ではなく機器の性能のせいで負けてしまいます。

 

そこで、わたしが約1年間ほど愛用している、240Hzモニター「GigaCrysta 24.5インチ」を紹介したいと思います。

実際の使用感や特徴、他の240Hzモニターとの違いを解説していきます。




I-O DATA ゲーミング240Hzモニター GigaCrysta

240Hzモニターで、応答速度は0.6msです。

応答速度が速いので残像感が少なく、敵を認識しやすくなります。

さらにHDR対応で、黒が鮮明になり、さらに認識しやすいです。

また、内部フレーム遅延を少なくする「スルーモード」を搭載しています。

I-O DATA ゲーミング240Hzモニター GigaCrystaの口コミ

240Hzモニターにしては価格が安く、発売当初は在庫切れが頻発した大人気の商品です。

https://twitter.com/Itarooon/status/1145667166898753536?s=20

https://twitter.com/__WT1/status/1140833295162208257?s=20

I-O DATA ゲーミング240Hzモニター GigaCrystaを使ってみた体験談

わたしは、BenQの144Hzモニターを使用してレインボーシックスシージを始めました。

とくに問題なく使用していたのですが、プロプレイヤーやダイヤ帯のプレイヤーは240Hzモニターを使っていることが多いことを知りました。

少しでも対等に渡り合えるようになりたいと思い、安価で手の出しやすいGigaCrystaを購入しました。

 

実際にGigaCrysta 240Hzを体感した結果、他のモニターを使う気は無くなりました。

 

また、応答速度0.6msなので撃ち合いの勝率が上がり、今では毎シーズンダイヤになることができています。

画面がヌルヌルで敵を認識しやすくなったので、遮蔽物に紛れている敵の頭が見えやすくエイムスピードが格段に上がりました。



撃ち合いが苦手な人や敵の認識が苦手な人は買うべき

正面での撃ち合いが苦手な方や、遮蔽物に隠れている敵を認識するスピードが遅い人は、240Hzモニター「GigaCrysta 24.5インチ」を買うことをおすすめします。

レインボーシックスシージは、遮蔽物が多いので非常に相性が良いですね。

Apex Legendsは、建物内の敵や遠距離の敵が認識しやすくなり、索敵能力が格段に上がります。

他の240Hzモニターとの違い

他の240Hzモニターと比べると、応答速度、価格の差が大きいです。

従来の240Hzモニターは応答速度1.0msです。たかが0.4msと思うかもしれませんが、FPSはコンマ1秒の世界なのでその差が大きいのです。

大手メーカーのALIENWAREやBenQの240Hzモニターは、55000円~65000円程の価格です。「GigaCrysta」は約40000円です。

できるだけ安く、240Hzモニターでプレイしたいという方は是非購入してみてはいかがでしょうか。

 

購入した方、これから購入しようとしている方は下記の記事を参考にしてください。

ゲーミングモニターGigaCrystaのおすすめ設定

Pocket