ランクマッチで使えるイービルアイポジを紹介!in銀行




新兵
イービルアイはどこに設置すれば良いの…?

 

こういった疑問に答えます。

 

マエストロの固有アビリティであるイービルアイは、設置する場所によっては簡単に壊されてしまい全く役に立たないことがあります。

 

できるだけ壊されにくく、広い範囲を見ることができる場所に設置する必要があります。

 

この記事では、ダイヤ帯のプレイヤーやプロが使う銀行のおすすめのイービルアイポジションを紹介していきます。

初心者でも分かりやすいようにおすすめの理由や詳しい使い方も合わせて解説していきます。




マップ

地下 ロッカー 監視室

地下 サーバールーム

サーバールームから侵攻してくる敵を見ることができます。

序盤から中盤にかけてサーバールームを索敵してくるドローンをしっかりと壊しましょう。

サーバールームと監視員の間の壁を割るガジェットを壊すことができます。

地下 サーバールーム階段

サーバールーム階段から侵攻してくる敵を見ることができます。

サーバールームと監視員の間の壁を割るガジェットを壊すことができます。

プロプレイヤーも使っているポジションで、実際にプロチーム相手にヒートチャージ(テルミット)を壊すことに成功していました。

地下 監視室

監視員に侵攻してくる敵を見ることができます。

定番のディフューザー設置ポジもしっかりと見ることができます。

地下 保管室廊下

監視室に侵攻してくる敵を見ることができます。

定番のディフューザー設置ポジもしっかりと見ることができます。

地下 銀行ガレージ

銀行ガレージから侵攻してくる敵を見ることができます。

普段は見えにくい車の下のドローンも壊すことができます。

序盤から中盤にかけて銀行ガレージを索敵してくるドローンをしっかりと壊しましょう。

地下 銀行ガレージ#2

銀行ガレージから侵攻してくる敵を見ることができます。

気づかれにくいポジションなので索敵にくるドローンを壊しやすくなっています。

序盤から中盤にかけて銀行ガレージを索敵してくるドローンをしっかりと壊しましょう。


2F VIPラウンジ CEOオフィス

2F 廊下

吹き抜け、廊下の敵を見ることができ、証券取引ルームから侵攻してくる敵も少し見ることができます。

プロプレイヤーも使用している強力なポジションになっています。

吹き抜けとCEOオフィスの間の壁を割るガジェットを壊すことができます。

2F 廊下#2

Wラペの敵とロビーから侵攻してくる敵、E側廊下から侵攻してくる敵を見ることができます。

敵の位置を味方に報告したり、廊下やロビーから来るドローンをしっかりと壊しましょう。

2F 吹き抜け階段

吹き抜けを広く見ることができます。

良く敵が侵攻してくる場所なので設置しておくと良いでしょう。

吹き抜けとCEOオフィスの間の壁を割るガジェットを壊すことができます。

2F ロビー

ロビーから侵攻してくる敵とW側の窓にラペリングしている敵を見ることができます。

W側でラペリングをしている敵を確認して決め撃ちをするのも良いでしょう。

2F CEOオフィス

吹き抜けとCEOオフィスの間の壁を壊された後に侵攻してくる敵を見ることができます。

定番のディフューザー設置ポジもしっかりと見ることができます。



1F 窓口オフィス 資料室

1F ロビー

ロビーから侵攻してくる敵を見ることができます。

ロビーは良くドローンが侵入してくるのでしっかりと破壊しましょう。

1F オフィス廊下

窓口、オフィス廊下の敵を見ることができます。

良く敵が侵攻してくる場所なので設置しておくと良いでしょう。

2F 用務室

管理事務室と資料室の間の壁を割るガジェットを壊すためだけのポジションになっています。

2Fの落とし戸越しなのでとても気づかれにくくなっています。

1F 資料室

現地に侵入してくる敵を見ることができます。

ランクマッチで現地にイービルアイを設置する場合はこのポジションが最適でしょう。

2F 吹き抜け

1F.2F吹き抜けを広く見ることができます。

序盤から中盤は2Fの敵を、終盤は1Fの敵を見ることができる終始活躍できるポジションになっています。

良く敵が侵攻してくる場所なので設置しておくと良いでしょう。



1F スタッフルーム 空き部屋

1F スタッフルーム

現地に侵入してくる敵を見ることができます。

吹き抜けからの侵攻をしっかりと見ることができるのでピークしやすいですね。

1F 空き部屋

現地に侵入してくる敵を見ることができます。

ランクマッチで現地にイービルアイを設置する場合はこのポジションが最適でしょう。

1F 空き部屋#2

コピー室、空き部屋に侵入してくる敵を見ることができます。

コピー室の壁を開けることで吹き抜けからスタッフルームへ侵入してくる敵を見ることもできます。

Pocket