餅つきのやり方を徹底解説!




ショックワイヤー(バンディット)を使った餅つきのやり方とコツを紹介します。

餅つきを成功させることができれば敵のガジェットを壊すことができるので、試合を有利に進めることが出来ます。

ショックワイヤーを置く位置は、割られてはいけない壁に置くのが基本ですがどこに置けばいいか分からない方も多いでしょう。

特に初心者の方はとりあえず全部置くことが多いと思うので、餅つきするべき場所を把握してさらに壁を割られないようにしましょう。

餅つきはレインボーシックスシージにおいて基本的な行動の一つなので、初心者の方は必ずマスターしましょう。

 

この記事では餅つきの具体的なやり方とテクニックを紹介します。

> バンディットの立ち回り&オススメ装備解説!

バンディットの装備は「1択」立ち回りは「餅つきor遊撃」

2018年11月30日
他にも初心者が読んでおきたい記事をまとめているので参考にしてください。

> 初心者が読んでおきたい記事まとめ




餅つきのやり方

餅つきの具体的なやり方は下記の通りです。

①設定→操作→ガジェットの展開→アドバンスに設定する
②補強する前に壁に穴を開けておく
③ショックワイヤーを構えておこう
④音が聞こえたらショックワイヤーを置く

①設定→操作→ガジェットの展開→アドバンスに設定する

餅つきは時間がシビアなので、ショックワイヤーを構えておけば素早く設置することができます。

ガジェットの展開は、初期設定では[スタンダード]になっているのですがこの設定では構えた状態を維持することができないので[アドバンス]に変更しておくことをおすすめします。

[アドバンス]にしておくことで、ショックワイヤー設置動作をキャンセルすることができるようになるので餅つきがさらにやりやすくなります。

②補強する前に壁に穴を開けておく

壁を補強する前にワンパンでも良いので穴を開けておきましょう。

穴を少しでも開けることで壁の向こうの音が聞こえやすくなり、ショックワイヤーを置くタイミングを計りやすくなります。

ペレット(ヒバナ)は発射音が大きいのでわかりやすいですが、ヒートチャージ(テルミット)を貼る音は小さいので正確な場所を把握することが少し難しいです。

こういった細かいテクニックで餅つきの成功率を上げることができます。

※アップデートの度に聞こえやすくなったり、ならなかったりするので注意してください。

> ヒバナの立ち回り&オススメ装備解説!

ヒバナの装備は「1択」立ち回りは「中級者向け」

2018年12月7日

> テルミットの立ち回り&オススメ装備解説!

テルミットの装備は「初心者向け」立ち回りは「中級者向け」

2018年11月17日

③ショックワイヤーを構えておこう

餅つきに慣れないうちは構えておくと良いでしょう。

ペレット(ヒバナ)だと起動してから壁に近づいてショックワイヤーを設置しても餅つきをすることができますが、ヒートチャージ(テルミット)だと起動してから壁に近づいて設置しても餅つきをすることができません。

できるだけ素早くショックワイヤーを設置する必要があるので、初心者のうちは構えて待機しておくことをおすすめします。

④音が聞こえたらショックワイヤーを設置する

ショックワイヤーを構えておき、ガジェットを使用した音が聞こえたら壁に設置しましょう。

起爆するまでにショックワイヤーを設置することができれば、壁に設置されたガジェットを壊すことが出来ます。

注意点として、ヒートチャージ(テルミット)の爆発に巻き込まれると倒されてしまうので無理に餅つきをしないようにしましょう。


餅つきをするべき壁とは?

基本的には割られたくない壁を餅つきします。

しかし、射線が多数通っている中で無理して餅つきをすると無駄死にしてしまうので、安全を最優先して出来れば餅つきをするくらいの気持ちで行いましょう。

パーティーでプレイしている場合は必ずカバーしてあげましょう。

無理に餅つきをしてデスするのはダメ!

餅つきをしようとして敵に倒されてしまうのは絶対に避けましょう。

敵は必ず餅つきをしようとしてくることが分かれば倒しにくるので、狙われていると分かったら必ず引きましょう。

壁を壊され、さらに人数不利になるのは最悪なので周りの状況を見て餅つきを諦めるときはきっぱり諦めましょう。

参考動画はこちら!

Pocket