マップの覚え方【誰でも簡単】




新兵
なかなかマップを覚えられないよ…。

 

こういった悩みを解決します。

 

レインボーシックスシージのマップは複雑でそれぞれの部屋の名称も覚える必要があります。

 

部屋名称を覚えていないと味方に敵の位置を教えてあげることができません。

 

この記事では、誰でも簡単に覚えられるマップの覚え方を紹介していきます。初心者の方は必見です。

 

他にも初心者が読んでおきたい記事があるので参考にしてください。

初心者が読んでおきたい記事まとめ

初心者が読んでおきたい記事まとめ

2019年2月3日




効率の良いマップの覚え方

R6Maps

私がオススメする効率の良いマップの覚え方は下記のとおりです。

  • カジュアルマッチをプレイしてマップ全体を覚える
  • テロハントクラシックをプレイしてマップ構造を覚える
  • カスタムゲームでマップ構造を深く覚える
  • フレンドとプレイして部屋名称を覚える

カジュアルマッチをプレイしてマップ全体を覚える

まずはカジュアルマッチをプレイしてざっくりとマップ全体を覚えましょう。

 

何回か繰り返しプレイしているうちに「あっ、前にもここで撃ち合ったことがある!」となります。

 

そういったことを繰り返すうちに自然に覚えていきます。

立ち回りやエイム練習にもなるので総合的に見ると最も効率が良い覚え方でしょう。

テロハントクラシックをプレイしてマップ構造を覚える

テロハントクラシックでエイム練習をしながらマップを覚えましょう。

 

カジュアルマッチではすぐに倒されてしまうというプレイヤーは、まずはテロハントで練習しましょう。

 

特定のマップを選んでプレイすることができるので、新マップを覚えたい時などはこのやり方で覚えると良いでしょう。

テロハントのおすすめ設定等は下記の記事を参考にしてください。

> テロハントのおすすめ設定 / 練習方法を紹介



カスタムゲームでマップ構造を深く理解する

カスタムゲームで覚えていないマップを選び、破壊可能な床や壁を壊してマップ構造の理解度を上げていきましょう。

 

レインボーシックスシージは、床や壁を壊してマップ構造を変化させることができます。

 

マップ構造を変化させ敵に気づかれないように射線を作ることができれば、どんなに撃ち合いが強い敵にも勝つことができます。

レインボーシックスシージにおいてマップ構造を深く理解するということは非常に重要です。

誰にも邪魔をされずに集中して覚えることができるので、ある程度マップを覚えているが構造をより深く理解していきたいプレイヤーにおすすめの覚え方です。

フレンドとプレイして部屋名称を覚える

フレンドとプレイして敵の位置を実際に報告することで覚えることができます。

 

目で見て口に出すことで記憶の定着率が格段にあがります。

 

報告することで勝ちやすくなり、覚えやすくなる一石二鳥の覚え方ですね。

複数の覚え方を駆使してマップを覚えよう

高ランク帯のプレイヤーは、99%マップを完璧に覚えています。

上手くなりたいと思っている方は、しっかりとマップ構造を覚えて各マップの理解度を高めていきましょう。

 

プレイ回数を重ねて覚えるのも大事ですが、時間には限りがあるのでマップを覚えようとする意識もとても重要です。

 

効率的にマップを覚えられるように、今回紹介したマップの覚え方を自分がどのようにどの部分を覚えたいかで使い分けていくと良いでしょう。

Pocket